居抜き物件の意味

レストラン

最近居抜きという言葉をよく聞くようになりました。居抜は、通常の住居の賃貸借ではなく、テナントについて関係があり、前の借主の店舗の内装や設備などがそのまま残された状態のものをいいます。全てを残す場合もあれば、1部の設備だけを残している場合もあります。 通常は、借主はテナントを退去するときは、設備や壁など全て取り外しスケルトン状態にしてオーナーに戻しますが、もし次の入居者が同業者だった場合、そのテナントのオーナーの許可を得てわざわざスケルトンにせず設備等をそこに置きっぱなしにすることが可能なのです。 通常は新しい借主に無料て明け渡されますが、設備などが高価な場合や価値があるものは、有料で渡すこともできます。

居抜きは、いろいろな点でメリットがあるため、利用者が増えています。オーナーからすれば、これによって入居者が意外空白期間がかなり減り、収入面での安定するのです。一方、前の借主は、退去時に住宅を原状回復しなくて良いためその分お金がかかりません。また新しい借主も設備等を新たに購入しなくていいため、初期費用がかなり安くなります。特に、会社等を営む場合は効果の設備が必要になりますが、居抜きをすることで、わざわざ新しい設備を購入しなくても済むのです。 居抜きのデメリットは、設備が壊れていたり、求めているものと違った場合に負担になってしまうことです。ただ、この場合でも、事前に前の借主に細かく問い合わせることで防ぐことが可能です。